朝活 子供 女性 ライフスタイル

親の介護もやる本音ときづいたこと

親族の看護・介助がもたらす大きな課題としては、介助・看護人にのしかかる心理的な圧迫がよく挙げられます。中でも自宅におけるの場合はつきっきりの状態になりますから、自由に使える時間をとれないのが心理的な圧迫が蓄積する大元と言えるでしょう。看護と介助関係サイト等を通じて、看護と介助経験者と交流してみてはどうでしょう。例え知らない相手であっても、共通点があることから沢山話ができますし、仲間同士で関わりを持つ事はとても重要です。暇のない介助と看護は心的・肉体的に負担が大きく、終わりも見えずに閉口する方も珍しくありません。ですが、共通の不安で頭を抱えている方は他にも大勢いるのです。我慢出来なくなる前に心の内を言える環境に頼る事も大事でしょう。

 

これは親族の介助・看護に振り回される…精神的負担低減のノウハウとして大事ですね。

 

 

親の介護で気づいたこと

 

私も介助をするときもありますが、まだ基本的にはそこまで手助けが必要と言うわけではなく基本的には大丈夫です。しかし、夜おしっこにいくことが多かったり出が悪かったりとその点は私も時々起こされるときもあるため疲れがたまります。そういった状態をなんとか改善する方法はないかと友人たちに相談してると幾人かの友人がノコギリヤシのサプリが良いということを言っていました。
そして、ノコギリヤシのサプリの中でもクレアギニンEXという商品を使用してみたら友人の父親の夜のトイレが非常に少なくなりお漏らしもなくなったと言っていました。腎臓系に効果があると言われているサプリらしく、私も少し調べてみることにしました。するとけっこう評判は高いので予約だけしました。
介護というものはいずれ皆に回ってくるものです。そういったときはやはり友達の情報共有が一番大事ですね。