朝活 子供 女性 ライフスタイル

子供とか両親のことで悩んでます。打開策

 

最近両親のことでちょっと悩みがあります。

 

よくあるパターンかなと思いますが、親族の看護・介助がもたらす大きな課題としては、介助・看護人にのしかかる心理的な圧迫がよく挙げられます。

 

中でも自宅におけるの場合はつきっきりの状態になりますから、自由に使える時間をとれないのが心理的な圧迫が蓄積する大元と言えるでしょう。看護と介助関係サイト等を通じて、看護と介助経験者と交流してみてはどうでしょう。

 

例え知らない相手であっても、共通点があることから沢山話ができますし、仲間同士で関わりを持つ事はとても重要です。暇のない介助と看護は心的・肉体的に負担が大きく、終わりも見えずに閉口する方も珍しくありません。

 

ですが、共通の不安で頭を抱えている方は他にも大勢いるのです。我慢出来なくなる前に心の内を言える環境に頼る事も大事だと思います。

 

 

でも中々難しい問題ですよね。
自分リフレッシュを見つけなければいけませんね◇

 

 

家族で出かけられる安価で満喫出来る外遊

 

最近はそんなこともあり、両親のことも考えなければいけませんが自分もリフレッシュしないと色々ダメな流れになってしまうと思います。

 

そこでこんな悩みを持たれている人に私からのアドバイスで一つは旅行についてシェアします。

 

旅行では渡航するなら海で遊びたい、うちの子供に大自然を体感させたり、珍しい動物と触れ合いたい。

 

 

この様な日常生活においては中々難しい事を実体験するのが国外ツアーの際の真髄でしょう。渡航先に到着した後の予定は予め明確にさせておくべきでしょう。連れていく子供が低年齢の場合、余りに長時間のフライトは良くありません。

 

 

また、時差ぼけがなるべく小さい場所をピックアップするようにしましょう。また、目的地でどう過ごすかはもちろん気がかりでしょうが、移動時間も気持ちよくなる様に気配りしましょう。フライト時間であっても大切な旅の思い出の一部分と言えます。

 

 

子供も連れている時は周りの人に配慮し続けて気苦労ばかりでしょうが、出来るだけ寛いで旅したいのが本音です。その為に、外国への旅行へ出掛ける場合には、機内での時間の使い方を考えてみると良いでしょう。

 

 

そして、自然といえば海。海といえば沖縄。沖縄といえば宮古島!違うかも…(。。)

 

でも面白いブログがあり、その宮古島旅行についてですが楽しいブログなので気分転換になるかも。。。

 

今度は沖縄いってみようかな…

 

 

 

>>宮古島のブログ